PRFを使用する歯槽堤の保存

Alveolar Ridge Preservation Using Leukocyte and Platelet-Rich Fibrin: A Report of a Case
Case Rep Dent. 2011 

骨補填財  コストが掛かる。感染のリスクがある。新生骨の形成が少ない
メンブレン コストが掛かる。メンブレンが露出する確率が25パーセントあり、その場合骨の形成量が減る

PRF    コストは低い。感染のリスクがない。異物反応がない。損傷個所への最初の瘢痕マトリックスを組成する。
瘢痕組織の形成により傷口を閉鎖し、瘢痕形成を促進さる。

次の成長因子を含む
vascular endothelium growth factor (VEGF), platelet-derived growth factor (PDGF), fibroblast growth factor (FGF), epidermal growth factor (EGF), hepatocyte growth factor (HGF), insulin-like growth factor (IGF), platelet-derived growth factor (PDGF), and transforming-growth factor-beta (TGF-beta).