義歯

見た目に目立たない義歯

目立たない部分入れ歯バルプラスト

バルプラスト

ルプラスト義歯は金属のバネをつかわない部分床義歯。1956年にアメリカで開発されて以来、欧米を含む世界95カ国以上で認められたノンクラスプデンチャーです。 歯の表面に金属バネがないので、口の中にいれても入れ歯と気付かれません。また、ナイロン12スーパーポリアミドという素材で作られています。 バルプラストは壊れにくく、入れ歯の厚さがかなり薄くできるので装着感がよく、一般に入れ歯にアレルギー反応をお持ちの患者様にも安心してお使いいただけます。

新素材ポリプロピレンを使用する義歯ウェルデンツ(WELDENZ)

ウェルデンツの特徴

ウェルデンツ樹脂を用いる補綴物は様々なタイプがありますが、もっとも特徴的なのが、下の写真のような取り外しのできるブリッジです。 歯をできるだけ、削りたくないが、部分入れ歯に違和感を感じる方に最適です。当院は八王子市で初めてウェルデンツ提携歯科医院に採用されました。

ブリッジタイプ

  • 無菌性樹脂素材のため、洗浄剤を必要としません。
  • アレルギーの原因にならないので安心です。
  • 薄くて軽くて丈夫です。
  • 審美性に優れています。
  • 装着感に優れています。
  • 長期使用においても臭いません。
  • お口の中が広く清潔になります。
  • 優しい素材のため天然歯を痛めません。
  • とても経済的です。
  • 金属は一切使用しないので安全です。

治療一覧

運営サイト更新情報

RSS ケタロウハ王子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加