歯周整形治療

歯周形成外科治療

歯肉結合組織い移植の症例。歯肉整形など最新の技術を駆使します。

痩せた歯茎全てに移植ができるわけではありません。全周にわたって重度な骨吸収を伴う歯周病を伴う歯、歯茎が痩せた原因が特定できず、原因が除去できない 場合などは移植が不可能です。また、移植された歯茎は周囲組織から血液供給を受けて、周りの歯茎と生着するため、痩せた面積が広い場合や、歯の位置が歯茎 から突出していると移植の難易度は上がり、場合によっては2回行うこともあります。

Maynardの歯肉退縮分類

・タイプ1:歯槽骨が厚く付着歯肉が十分ある。
・タイプ2:歯槽骨は厚いが付着歯肉は少ない。
・タイプ3:歯槽骨は薄いが付着歯肉は多い。
・タイプ4:歯槽骨が薄く付着歯肉も少ない。炎症や咬合性外傷により歯肉退縮が生じやすい。

タイプ1とタイプ2は成功率が高いとされています。

治療一覧

運営サイト更新情報

RSS ケタロウハ王子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加