2010年12月 『日刊ゲンダイ』当サイトの治療が掲載されました。 

2010年12月 健にこにこ歯科医院の歯髄温存療法が『日刊ゲンダイ』に掲載されました。


PDFファイルが開きます。

カテゴリー: 3mixを用いた間接覆髄, MTAを用いた直接覆髄, 歯髄の重要性 | 2010年12月 『日刊ゲンダイ』当サイトの治療が掲載されました。  はコメントを受け付けていません。

歯の神経の重要性

歯の神経を取るとどうなるか?
簡単にイメージできるのは「枯れ木」です。
神経と取ると、水分がなくなり、歯が乾燥してしまいます。さらに、歯を削るため、歯の壁が薄くなり、折れやすくなってしまいます。
また、歯の神経を取れば、痛みにも鈍感になり、虫歯になっても気づかす、知らぬ間に大きな虫歯になってしまいます。
歯の神経を取れば確実に歯の寿命は短くなってしまうのです。

歯髄の役割

1.象牙質への栄養供給
歯髄中の血管を通じて歯を作る象牙芽細胞に栄養を供給している。

2.歯の知覚
歯髄に伝わった刺激は種類に関わらず痛みとなる。痛みにより、虫歯に気づく事ができます。

3.刺激に対する防御反応
第二象牙質を作ることにより歯の厚みを増し、虫歯に抵抗し、痛みを防ぎます。

カテゴリー: 歯髄の重要性 | 歯の神経の重要性 はコメントを受け付けていません。

4段構えの治療方針

4段構えの治療法

  1. 間接覆髄法
  2. 直接覆髄法
  3. 根管治療
  4. 外科的歯内療法

「虫歯が大きいので歯の神経をとりましょう」と説明を受けた時、「歯の神経を取れば、歯の寿命は短くなってしまうし、なんとか歯の神経を残す方法はないか?」と思ったことがある人、もしくは今現在思っている人は多いのではないでしょうか?
確かに、虫歯を全部取り除いてしまえば、ドリルが神経まで到達し、神経を取り除かなければ炎症が起こり、痛みがでてしまうし、歯の神経は死んでしまいます。では、どうすることもできないのか?
実はそのような場合でも、歯の神経を残せる場合があるのです。
その1つは、間接覆髄法(かんせつふくずいほう)と言って、神経に近い虫歯を削らずに残し、薬剤で虫歯菌を抑制する方法です。3mixという、3種類の抗生物質を混合した薬剤を用います。
もう1つの方法は、虫歯を全て取り除き、神経が露出してしまった部位はMTA
という、封鎖性と生体親和性を併せ持つセメントで封鎖する方法です。直接、歯の神経の上にセメントを置くため、直接覆髄法といいます。
現在、これらの2つの方法は、神経に近い大きな虫歯の治療をする場合にとても有効であると考えられています。
当院としては、
3mixを用いる間接覆髄法を第一選択とし、慎重に虫歯を取り除いた結果、やむを得ず神経が露出してしまった場合にMTAセメントを用いる直接覆髄法を選択します。

残念ながら歯髄を保存できなかった場合は、抜髄治療という根管治療を行います。

カテゴリー: 治療の選択肢 | 4段構えの治療方針 はコメントを受け付けていません。

治療法1 3mixを用いた間接覆髄(かんせつふくずい)

3Mixとは3種の抗菌剤を混ぜ合わせるという意味ですが、その、抗生物質とは
・Metronidazol(MN :メトロニダゾール)
・Minocycline (MINO:ミノサイクリン)
・Cyprofloxacin(CPFX:シプロフロキサシン)です。
Metoronidazoleは深部う蝕象牙質中に多く存在する偏性嫌気性菌に、MinocyclineとCiprofloxacinは通性嫌気性菌や好気性菌に対して有効です。薬剤を、患部に効率よく行き届かせるため、マクロゴールとプロピレングリコールを基剤として使用する方法もあります。
この3種の抗菌剤で、口腔病巣に侵入している全ての細菌を殺菌できるとされています。

3MIX間接覆髄の概念図

上図は虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進行(C2)し、神経まで到達する寸前の虫歯の状態(C3)です。


虫歯を削り取ります。神経に近い部位は意図して、虫歯を残します。虫歯を取りきろうとすると、神経が露出するか、あるいは歯髄炎を起こして、神経を取り除く必要が生じるからです。


残した虫歯の上に、3MIXを塗布します。


3MIXで虫歯菌が減り、軟化した象牙質が石灰化することにより、虫歯の進行が止まります。同時に、神経の側では、歯を作る働きが起こります。こうしてできた、象牙質を修復象牙質と呼びます。

カテゴリー: 3mixを用いた間接覆髄 | 治療法1 3mixを用いた間接覆髄(かんせつふくずい) はコメントを受け付けていません。

治療法2 MTAを用いた直接覆髄(ちょくせつふくずい)

MTAセメントは、 1993年にTorabinejadにより開発されました。その成分はなんと、工業用のセメントとほとんど一致しており、次のような成分が含まれています。
tricalcium silicate, dicalcium silicate, tricalcium aluminate, tetracalcium aluminoferrite, calcium sulfate and bismuth oxide
そのMTAセメントの特徴は、次のようなものです。
1.生体に害が少ない
2.封鎖性が高い
3.水分があっても固まる
4.PHが12.5あり、水酸化カルシウムの性質(硬組織誘導能)を有する

虫歯が深く、神経が露出すると、神経を保存するために、その露髄面を封鎖しなくてはならない時があります。材料が直接的に歯髄に接触し、封鎖することを直接覆髄(ちょくせつふくずい)といいます。
直接覆髄材に求められる理想的な性質として、神経に触れても害が少なく、水分があっても密封できて、かつ露髄面が再び硬組織で修復できるように硬組織誘導能をもつ事などが上げられますが、こうした条件を満たすセメントとして、MTAセメントは非常に高い評価をうけています。

治療手順
ラバーダム→虫歯の除去→露髄面をヒポクロで洗浄→MTAセメントで封鎖→コンポジットレジンで封鎖

カテゴリー: MTAを用いた直接覆髄 | コメントする

治療法3 顕微鏡を用いた根管治療

3Mixもしくは、MTA を用いた歯髄保存治療を用いても、どうしても歯の神経が残せない時があります。そうした時は、歯の神経を取り除く、抜髄治療を行なわなければなりません。
歯の神経が走行する根管は非常に複雑な形態をしており、歯の神経を確実に取り除くために実体顕微鏡は非常に有用です。

 

歯内療法のみ致します
歯内療法外来

 

歯内療法、根管治療の動画サイト
歯内療法専門医.jp

カテゴリー: 抜髄 | 治療法3 顕微鏡を用いた根管治療 はコメントを受け付けていません。

治療法4 外科的歯内療法

細菌に侵された歯の神経を取り除いても、細菌が根管内に残留して、歯茎がはれたり、膿が出てくる状態になってしまうことがあります。こうした状態を根尖性歯周炎といいます。
根尖性歯周炎が通常の根管治療を行なっても治らない時に、外科的歯内療法が行なわれます。

 

歯内療法のみ致します
歯内療法外来

 

歯内療法、根管治療の動画サイト
歯内療法専門医.jp

カテゴリー: 外科的歯内療法 | 治療法4 外科的歯内療法 はコメントを受け付けていません。